トップ イントロダクション ストーリー スタッフ・キャスト 動画 劇場情報 ニュース

佐々木昭一郎 Sasaki Shoichiro

1936 年 1 月25 日、東京生まれ。立教大学経済学部卒。
1960 年 NHKに採用され、ラジオのクイズ番組、録音構成番組を担当。
1963 年 「手は手、足は足」(宮本研脚本)でデビュー。ラジオ小劇場「都会の二つの顔」 ラジオテレビ記者会年間最優秀作品賞を受賞し、翌年、再放送で芸術祭に参加、奨励賞を受賞する。「都会の二つの顔」は、佐々木の全ての作品の原点となる。
1965 年 芸術劇場「おはよう、インディア」 ラジオテレビ記者会年間最優秀作品賞を受賞し、翌1966 年芸術祭大賞を受賞。
1966 年 「コメット・イケヤ」 イタリア賞ラジオドラマ部門グランプリ。
1967 年
~68年
テレビに転じ、海外取材特別番組「ドキュメンタリー明治百年(60 分×15)」(吉田直哉+瀬川昌昭)に参加。
1969 年 秋、処女作「おはよう、僕の海」を神戸市で撮る。
1971 年 「マザー」モンテカルロ国際テレビ祭ゴールデン・ニンフ賞受賞。「さすらい」 芸術祭大賞。「マザー」と「さすらい」により芸術選奨新人賞。遠藤利男プロデューサーとのコンビによる「マザー」「さすらい」の連続受賞は、以後の佐々木ドラマの基盤となった。
1974 年 「夢の島少女」
1975 年 「紅い花」 76 年度芸術祭テレビドラマ部門大賞、テレビ大賞個人賞。77 年国際エミー賞優秀作品賞。
1980 年 「四季・ユートピアノ」 イタリア賞グランプリ、国際エミー賞最優秀作品賞。
1981 年 「川の流れはバイオリンの音」 芸術祭大賞、イタリア市民賞。
1983 年 「アンダルシアの虹」 プラハ国際テレビ祭最優秀監督賞。
1984 年 「春・音の光」 芸術祭優秀賞。
1985 年 元旦“川、三部作”「川の流れはバイオリンの音」「アンダルシアの虹」「春・音の光」で、毎日芸術賞・映像部門個人賞を受賞。あわせて放送文化基金個人賞、芸術選奨を受賞。
1986 年 「東京オン・ザ・シティー」「夏のアルバム」
1987 年 「クーリバの木の下で」
1988 年 「鐘のひびき~プラハからヒロシマへ」
1989 年 「七色村」バンフ国際テレビ祭審査員特別賞、ゴールデン・フリース国際テレ
ビ祭特別賞。
1991 年 「ヤン・レツル物語~広島ドームを建てた男」
1993 年 「パラダイス オヴ パラダイス~母の声」
1994 年 「八月の叫び」
NHKを退局、その後はフリーディレクターとして活動。
   
佐々木は、イタリア賞(世界最大の規模と伝統を誇るラジオ・テレビの国際コンクール)で、世界初のラジオ・テレビ両部門でのグランプリ受賞者である。
また芸術祭大賞のラジオ、テレビ両部門での受賞者でもある。
1981 年からは、イタリア賞、モンテカルロ国際テレビ祭、プラハ国際テレビ祭、バンフテレビ祭など、国際審査員を21 回務め(審査委員長も含む)、以降は自作の各国テレビ祭参加を退く。

引退後は文教大学で2005 年まで教壇に立つ。テーマは、創るということ。
「マザー」はその後、放送における言語の問題国際シンポジウムで議長のロベルト・ロッセリーニから言語の壁を軽々と超えた作品として絶賛された。

佐々木の著書は「創るということ」(1983・宝島社)。「四季・ユートピアノ」のシナリオと佐々木の語り下ろしによる。発売間もなく広告も出さずに7000 部を完売し、伝説本となる。

2006 年スカパーの日本映画専門チャンネルで佐々木の全16 作品が三ヶ月にわたり放映される。同年、新装改訂版「創るということ」が出版された。
(文責 はらだ)



スタッフ

吉田秀夫(撮影)
1941 年東京生まれ。早稲田大学演劇科卒業後、1963 年NHK入局。佐々木昭一郎作品では、「四季・ユートピアノ」(80)、「東京オン・ザ・シティー」(86)、「夏のアルバム」(86)、「クーリバの木の下で」(87)、「鐘のひびき」(88)、「ヤン・レツル物語」(91)、「パラダイス オヴ パラダイス」(93)、「八月の叫び」(95)の撮影を担当。1997 年NHK退局。以後は、フリーのカメラマンとしてNHK特集や日曜美術館、ドラマ「ファイブ」などの撮影を担当している。
 
岩崎 進(音響)
1942 年川崎市生まれ。1963 年NHK入局。以後、ラジオ、テレビ番組の音響効果を数多く担当する。佐々木昭一郎作品では、「都会の二つの顔」(アシスタント)(63)、「夢の島少女」(74)、「紅い花」(75)、「夏のアルバム」(86)、「八月の叫び」(95)の音響効果を担当。2002 年NHK退局。現在はラジオドラマを中心に活動している。
 
松本哲夫(編集)
佐々木昭一郎のほとんどの編集を担当している。作品は「夢の島少女」(74)、「四季・ユートピアノ」(80)、「川の流れはバイオリンの音」(81)、「アンダルシアの虹」(83)、「春・音の光」(84)、「東京オン・ザ・シティー」(86)、「夏のアルバム」(86)、「クーリバの木の下で」(87)、「鐘のひびき」(88)、「七色村」(89)、「パラダイス オヴ パラダイス」(93)、「八月の叫び」(95)。現在、映像プロ代表取締役。
 
武藤英明(指揮・出演)
桐朋学園大学音楽学部卒業。1974 年同学園研究科終了。数多くの指揮者を育成した斎藤秀雄に指揮を学ぶ。1976 年チェコのプラハへ渡り、ズデネェク・コシュラーに師事する。1977 年国際バルトーク・セミナーに参加し、最優秀指揮者に輝く。1986 年サントリーホール・オープニングシリーズで、プラハ放送交響楽団を指揮して日本デビュー。これまでに指揮したオーケストラは、プラハ交響楽団FOK、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、フランクフルト放送交響楽団など多数。佐々木昭一郎作品「八月の叫び」(95)に出演。CDは本作で使用された『モーツァルト/交響曲第41 番「ジュピター」・第40 番』(オクタヴィア・レコード)など。
 
船橋市立船橋高等学校吹奏楽部
輝かしい歴史を持つ市立船橋高校運動部の応援バンドとして活動。10 年前現顧問高橋健一教諭就任後シンフォニックバンドとして急成長。全日本吹奏楽コンクールへの出場。全日本マーチングコンテストにおいて3年連続金賞受賞。また北海道YOSAKOI ソーラン祭に参加し、高校生単独チームとして初のファイナル出場の快挙。定期演奏会では台詞を一切使わずに人間の根源的テーマを演奏とパフォーマンスで表現する、市船オリジナル「吹劇」への挑戦など、吹奏楽の枠にとらわれない幅広い活動が高く評価されている。活動の中心軸は“己の可能性を知る”こと。
 
佐々木秋子(ピアノ)
桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部卒業後、ドイツ・フライブルク音楽大学大学院に留学。T.ハザイ氏に師事し首席で卒業。蓼科高原音楽祭賞を受賞。日本室内楽コンクール・デュオ部門入選。1990 年より本格的に演奏活動を開始。以後、室内楽シリーズ“ムジツィーレン”を主催し、W.ヒンク、P.シュミードル、K.グントナー諸氏と度々共演。秋吉台室内楽セミナー講師、2011 年より全日本学生音楽コンクールピアノ部門の審査員を務める。ソロ・アルバム“SOAR”、“シューベルト/ 即興曲集.899&D.935”、グントナー氏とのデュオ・アルバム “シューベルト/ソナチネ”をHERB Classics より発売。
 
加藤早紀(ギター)
3 才よりクラシックギターを学ぶ。村治昇、新井伴典、福田進一各氏に師事。2005 年より国内のギターコンクールにおいて史上最年少優勝を重ねる。2008 年GuitarFoundation of America youth solo competition (USA)において審査員全員一致の満点優勝。2009 年Chigiana Musical Academy (イタリア)において巨匠オスカーギリア氏より絶賛され、ファイナルコンサートに出演。本年5 月には、ケアンズ(AUS)にてQueensland Symphony Orchestra 団員らと共演し、好評を博す。15 才より単身渡豪。現在、Trinity Anglican School よりミュージックスカラシップを得て、11 年生に在籍。